GEO(ゲオ)の二次PS5抽選販売の当選倍率、エントリー期間は?

いよいよ発売が2日後に迫ったプレイステーション5(以下PS5)ですが、そのスペックの高さと価格の安さからかなりの人気で、予約の時点から購入権利が得られなかった人もたくさんいます。

そんな中、GEO(ゲオ)では、9月に続いて二度目の抽選販売を行うことが発表されています。

今回の記事では、GEO(ゲオ)オンラインストアによる、PS5二次抽選販売の当選倍率やエントリー期間、当選発表日時などについてまとめました。

GEO(ゲオ)の二次PS5抽選販売について

GEO(ゲオ)での二次PS5抽選販売は、発売後の2020年11月13日(金)~12月6日(日)までの入荷分を対象に行われます。

発売後もきちんと入荷する目途は立っているということでもあるね!

エントリー期間は?

2020年11月9日(月)~11月15日(日)17:59まで。

現時点(2020年11月10日)ですでに開始されています。
応募はゲオアプリからのみで、購入履歴などの応募条件はありません。

PS5を購入希望で、まだの人は忘れずにエントリーしておきましょう。

当選発表日時は?

2020年11月20日(金)~12月6日(日)の期間中に行われます。

当選者のみに電話(店舗受け取りを選択した場合)、もしくはメール(オンライン受け取り:宅配を選択した場合)で連絡が行われる予定です。

今までと比較すると期間が長めですね。

GEO(ゲオ)の二次PS5抽選販売の当選倍率は?

一次抽選の当選倍率はどれくらいだった?

GEO(ゲオ)のPS5抽選販売ですが、9月に行われた一回目の当選倍率は約50倍だったと報道されていました。

ちなみに他のPS5予約を受け付けていたショップでは、5~10倍程と公表(もしくは予想)されていた所もいくつか見られました。

一時は100倍超えるなどと噂されていたのでそれと比べれば…という感じですが、それでも非常に高い当選倍率だったと言えるでしょう。

二次抽選の当選倍率はどうなる?

冒頭でも述べたように、PS5は発売前に予約出来なかった人もたくさんいます。

全体で見るとPS5の抽選に応募する人は9月と比較して減るであろう一方で、
他のショップではソニーストアとエディオン以外、現時点で発売日後入荷分の抽選販売の告知は行われていない為、その分応募者は集中すると思います。

ですので、第二回のGEOでの抽選販売もかなり応募者数が増えることが予想されます。
仮にGEO全体のPS5入荷台数を1万台と仮定しても、応募者が50万人を超えれば今回も当選倍率は50倍を超えます。

どうやら予約番号=申し込んだ順番では無さそうなので、現時点での具体的な応募者数は不明ですが…

いずれにせよ、GEOのように応募条件が無く誰でも応募できるショップでは数十倍程度の当選倍率になるではないかと予想されます。

関連記事

2020年9月17日よりPS5の抽選予約が始まりました。 Amazonや楽天では開始直後はサイトに繋がらなかったり落とされたりと大混乱でした。運よく予約できた人もいますが、大勢の方が予約できないまま販売終了となってしまったようです。[…]

店頭受け取りとオンライン受け取り(宅配)で当選倍率が異なる?

9月に行われたGEOでのPS5抽選販売は、店舗受け取りを選択した人は当選報告も多く見られた一方、オンライン受け取りを選択した人で当選した人はかなり少なかったようです。

実際、Twitterなどを見てもオンライン受け取りで当選通知メールが来た人はほとんど居なかったように思えました。

純粋にオンライン受け取りを選択する人が多くて倍率が上がったのか、オンライン受け取り分の在庫数が少なかったのか不明ですが…

ただ、第一回は店頭受け取りの方が圧倒的に当選報告が多かったということは間違いありません。

第二回も同じようになるかは分かりませんが、お近くにゲーム取扱店舗がる人は店舗受け取りを選択した方がチャンスはあるかもしれません。

まとめ

今回の記事では、GEO(ゲオ)の二次PS5抽選販売の予想当選倍率、エントリー期間、当選発表日時などについてまとめました。

当選倍率に関しては第一回を見ると、今回も高くなることが予想されます。

店舗受け取りとオンライン受け取りで当選倍率が異なるかは不明ですが、第一回では店舗受け取りの方が圧倒的に多く当選報告が上がっていました。

どのくらいの確率になったとしてもまずは応募しない事には始まらないので、PS5購入希望の方は忘れずにエントリーしておきましょう!