【台風14号】関西(大阪)への影響は?交通機関の乱れはあるか

2020年10月9日7時現在、強い勢力にまで発達した台風14号が本州に接近しています。

当初の進路より南寄りになり、関西・関東直撃の可能性は下がったものの多くの地域で雨風による影響が出る恐れがあります。

今回の記事では台風14号に関して、交通機関をはじめとした現時点での関西(大阪)への影響について情報をまとめました。

台風14号は長引く大雨に警戒

10月9日は台風14号の影響で、西日本は太平洋側を中心に大荒れの天気となります。
東日本も秋雨前線の影響で東海・太平洋側を中心に広く雨が降り、次第に雨脚が強まってくる予報です。

現在の予報では、大阪は9日の9時頃より強風域に入り、10日(土)の朝8時頃に最接近する見込み。
ウェザーニュースの独自予報では、暴風域内には入らない見込みとなっています。

大阪府内で大きな災害となる可能性は低くなったものの、一時的な雨風の強まりには注意する必要があります。

なお、和歌山県など近畿南部では10日(土)未明~夜にかけて外出危険レベルの強風の強雨が吹き、雨による土砂災害などの危険も高まるとのことです。
今後の最新情報に注意してください。

【台風14号】関西への交通機関の影響は?

8日時点の予測では、大阪をはじめとした関西の交通機関に大きな影響を及ぼすことは無いと思われます。

ただ、あくまで現時点での情報なので、今後の台風の進路や速度の変化によって変わる可能性があります。

【鉄道への影響】

10月10日(土)始発~夕方にかけて
阪和線
和歌山線
紀勢本線
の一部路線で運転見合わせになる可能性があるとのこと。

また、南海各線も同時間に影響が出る可能性があります。

【道路への影響】

10月9日(金)夜~10日(土)夜にかけて
阪和道
湯浅御坊道路
関空連絡橋
においては雨風の影響で速度規制がかかる可能性があります。

【航空への影響】

10月9日(金)夜~10日(土)昼頃にかけて
南紀白浜空港
関西国際空港
伊丹空港
神戸空港
以上の空港は欠航または条件付き運行となる可能性があります。
特に太平洋側の空港を往復する便は遅延や欠航となる可能性が高くなる見込みです。

現時点では、新幹線には大きな影響はないだろうとのこと。

太平洋側に近づくにつれ台風の影響が大きくなると思われるので、該当地域にお住まいの方は今後の最新情報に注意してください。