Go To Eatの対象外になるかもしれない店・コースは?

10月1日より開始されたGo To Eatキャンペーンですが、飲食に使った分以上のポイントを稼ぐことが問題となり、有名焼き鳥チェーン店の鳥貴族では席のみの予約はキャンペーンの対象外となりました。

オンライン予約で獲得できるポイント(ランチで500円分、ディナーで1000円分)より安い価格で飲食できる店は、コースによって鳥貴族と同じようにGo To Eatキャンペーンの対象外となる可能性があります。

そこで今回の記事では、今後Go To Eatの対象外になる可能性のあるチェーン店やそのコースなどは無いか調べてみました。

【Go To Eat】低額飲食はキャンペーン対象外に

鳥貴族ではその安さを利用し、ポイント相当額を下回る飲食で済ませてその差額を得るいわゆる「錬金術」がSNSで紹介されていました。

これが問題になり、政府は「昼食500円、夕食1000円未満の金額で飲食した場合はポイントを付与しない方向で対応するよう検討している」と発表しています。

いくらGo To Eatキャンペーンの規則からは外れてないとはいえ、鳥貴族の例のような不適切な利用方法が広まってしまうのは問題ですよね。

お店側としては対応に追われそうで大変ですが、妥当な対策だと思います。

【Go To Eat】キャンペーン対象外になるかもしれない店・コースはある?

今回はたまたま鳥貴族が話題に取り上げられましたが、政府が発表していた「ランチ500円未満、ディナー1000円未満」で飲食でき、かつGo To Eatキャンペーンの対象になっているコースであれば今後対象外になる可能性があると思われます。

鳥貴族の他に、安さで有名な居酒屋店でかつGo To Eatキャンペーンの対象(予定)となっている店舗について調べてみました。

磯丸水産

お寿司などの海鮮料理が低コスパで楽しめる居酒屋。
現在「食べログ」と「Yahoo!ロコ」でオンライン予約を受け付けています。(公式サイト

コース料理や宴会メニューなどは無いため、おそらくこのまま席のみの予約がキャンペーンの対象になるかと思われます。
ただ、低コスパゆえにディナーでも合計1000円を下回る場合も多くありそうです。

不適切な利用が続けば、鳥貴族の時と同じように何かしらの対策が取られる可能性も考えられます。

串カツ田中

大阪を中心に全国で展開されている串カツチェーン店。

まだ詳細は発表されていないものの、2020年10日1日に公式サイトより「Go To Eatキャンペーン」へ参加予定であることが発表されています。

ただ、こちちも鳥貴族と同じように席だけの予約(串カツ単品や一品料理のみの注文)はキャンペーンの対象外になり、複数人での宴会コースの予約が対象になるのではないかと思われます。

つぼ八

北海道生まれの居酒屋で、様々な海鮮料理が楽しめます。

19時までドリンク半額サービスを行っている店舗もあるので、かなりの低コスパで食事を楽しむことができそうです。

こちらは公式サイト上ではGo To Eatキャンペーンについての発表はありませんが、ぐるなびなどでオンライン予約を受け付けています。

庄や

大庄グループが運営する大衆酒場チェーン店。
こちらも「コスパ最強だと思う居酒屋チェーンランキング」で10位にランクインしています。

現在「GO TOイートキャンペーン」ならびに「GO TOトラベルキャンペーン」への登録・対応を進めているとのこと。(公式サイト

グランドメニューは地域によって異なりますが500円を下回る一品メニューも多いため、おそらく宴会コースのみがGo To Eatキャンペーンの対象になるでしょう。

世界の山ちゃん

すでにGo To Eatキャンペーンに参加しており、専用ページから予約することでポイント付与の対象となります。

定番の手羽先も1人前5本で480円で、他の一品メニューも同じぐらいの価格の物が数多くあります。
ドリングと一緒に頼んでも物によっては1000円を下回りそうです。

キャンペーンは開始されていますが、今後はコースメニューの予約のみがポイント付与の対象になる可能性があります。

現時点でGo To Eatキャンペーン対象外の店舗の例

モンテローザが運営する
白木屋
魚民
笑笑
千年の宴
などもコスパが良い居酒屋で知られていますが(goo ランキングより)、これらはGo To Eatキャンペーンの対象になっていません。

まとめ

今回の記事では、今回問題になった鳥貴族以外にもGo To Eatの対象外になる可能性のあるチェーン店やそのコースなどは無いか調べてみました。

鳥貴族以外にも、安い価格(ランチ500円未満、ディナー1000円未満)で飲食出来る店は数多くあります。
価格帯によっては、席のみの予約は今後キャンペーン対象外になる可能性がありそうです。まだGo To Eatキャンペーンが開始されていない店舗も多いですが、おそらく開始されてもコースによってはポイント付与の対象外になるなどの対策がされると思われます。

食べログなどで「Go To Eatの対象、かつディナー予算1000円以下」で絞り込んでも、居酒屋だけではなく焼肉やイタリアン・和食など様々なジャンルの飲食店が出てきます。
これらも今後はキャンペーンの対象となるコースを変更するなどの対策が取られるかもしれません。

せっかくの機会なので、適切にキャンペーンを活用してお得に外食を楽しみたいところですよね。
他の店からも、今後の対策について発表があるかもしれませんので続報を待ちましょう。