台風14号 交通機関への影響は?現時点での情報まとめ

2020年10月5日に発生した台風14号ですが、現在小さな暴風域を伴ってゆっくりと北上を続けています。

この台風による交通機関の影響などはあるのでしょうか。

今回は2020年台風14号による、各地への交通機関への影響などを現在の情報を元にまとめました。

※台風の予報円が広く、進路がはっきり定まっていない状態なので実際は記事と異なってくる可能性があります。参考程度にお願いします。

2020年台風14号について

現時点での情報まとめ

台風10号は昨日よりやや発達し、現在(10月7日6時)は日本の南海上を北上中です。

7日の夜から沖縄の大東島地方では非常に強い風が吹き、次第に大荒れの天気に。
予想最大風速は20メートル、瞬間最大風速は30メートルと、転倒する人が出てきたり何かにつかまらないと立っていられないほどの強風になる可能性があります。(参考サイト

九州南部はじめ太平洋側の地域も秋雨前線の影響を受けるので、広い範囲で雨の予報が出ています。

台風の進路は?

世界各国の予想でも、ほとんどが今後は北西に進んだ後東向きに進路を変える方向に揃ってきました。
ただ、いつ・どのタイミングで東に向きを変えるのかはまだ幅があり、予報円も大きくなっています。

現段階では高気圧など台風を動かす要素が複雑に絡み合っているため、進路や接近タイミングの予測が非常に難しい状況のようです。

東に向きを変えるスピードが遅いと台風が九州付近で停滞し、長時間影響を与える可能性も考えられます。

台風14号 交通機関への影響は?

現在は進路の予測が難しい状況のため、いつどの地方で交通機関に影響を及ぼすほど台風が接近するか定かではありません。

ただ、現時点での10日間天気予報では

関東・甲信 10-11日
北陸 10日-11日
東海 9日夜~11日朝
近畿 9日夜~11日朝
中国 9日夜~11日朝
四国 9日~11日朝
九州 9日~10日
沖縄 8日朝~9日

付近が雨の予報となっており、台風の影響を最も強く受ける時と思われます。

7-8日も全国的に雨の予報が多くなっていますが、こちらは秋雨前線による影響なので交通機関に影響を与えるほどの大雨にはならないのではないかと思います。

台風の影響で交通機関に影響が出るとすれば、東日本で10日朝~11日ぐらいまで、西日本で9日夜~10日夜ぐらいまでの間ではないかと予想されます。
近畿南部や中国・四国地方、九州などは早いところで8日ごろから影響が出る可能性も。

今後の台風の進路次第では交通機関に影響が出るほどの雨風にはならなかったり、もしくは長時間広い範囲に影響を与える可能性も考えられるので最新情報に注意してください。

随時更新・記事作成していきます。