【PS5予約】ソフマップの当選倍率は低くなる?過去の情報から予想

2020年11月12日に発売されるPS5の予約受付が次々と始まっています。中にはすでに予約受付を終了したショップも。

そしてソフマップでのPS5予約受付は、10月5日より行われる予定です。
申し込み条件が厳しめですが、その分権利がある人にとってはチャンスかもしれません。

今回の記事では「PS5予約】ソフマップの当選倍率は低くなる?過去の情報から予想」と題して、これからソフマップで開始されるPS5の抽選予約について当選倍率を予想してみました。

ソフマップのPS5予約方法、申し込み条件などについて

公式のPS5特設サイトはこちら

抽選申し込み受付期間は2020年10月5日~10月8日まで。
抽選結果のメールは10月10日~10月13日の期間に随時配信が予定されています。

そしてソフマップでは、プレミアムCLUBカード会員限定でWEB抽選が行われます。
プレミアムCLUBカード会員は有料制で、年会費980円(税抜)となっています。(※ソフマップで年に一回以上商品を購入、 または月額サービスを利用した人は無料)

PS5の予約のためだけに入会することも考えている人もいるかもしれません。
ただ、このソフマップのプレミアムCLUBカード会員は、退会するのに問い合わせが必要など手間がかかるようです。

プレミアムCLUBカードをはじめ各種提携カードの解約はソフマップ・ドットコムの窓口では承ることができません。 各種カード裏面に記載の窓口まで別途お問合せください。 ソフマップカード会員専用ダイヤル ←こちらをクリック プレミアムCLUB会員専用 詳細表示

(ソフマップドットコムより引用)

このため普段からソフマップを利用しない、これからも利用する予定がない人がPS5予約に申し込むのはハードルが高いといえるでしょう。

【PS5予約】ソフマップの当選倍率はどうなる?

続いて、実際にソフマップでのPS5予約について当選倍率がどうなるか予想してみます。

ソフマップでは以前、Switchの抽選販売が行われていたのでその情報を参考にします。

2017年7月に行われたSwitchの抽選販売での在庫確保数は、実施された店舗を合計すると173台となり、それに対する応募者数の合計が3078人でした。
(これらの情報はTwitterおよびこちらの記事を参考にさせて頂きました。)

これからソフマップにおけるSwitchの抽選販売の当選倍率は、
3078人÷173台≒約17.8倍であったことが分かります。(抽選が実施された店舗の平均。実際は店舗によって異なります)

そしてSwitchの抽選販売の時はソフマップ・ドットコムの会員であれば誰でも応募できたのに対し、PS5の抽選販売は先述の通りプレミアムCLUBカード会員に限定されます。

このためSwitchの時よりもPS5の抽選予約に応募する人は少なくなり、当選倍率も下がるのではないかと思います。

仮にSwitchの時よりも少ない2000人ぐらいが応募するとして、PS5の初回在庫数も170台程度ぐらいになると仮定するとPS5予約抽選の当選倍率は
2000÷170台≒12倍程度になるのではないかと予想しています。

ちなみに2017年7月のSwitch売上台数は294,311台だったのに対し(参考記事)、同月におけるソフマップのSwitchの販売台数は(分かる範囲だけで)173台です。

つまり、ソフマップはSwitch全体の在庫数のうち173台÷294311台≒約0.0006%持っていたということになります。

そしてPS5の初回在庫数について、PS4の時は発売2日間で約32万台を売り上げたそうなのでPS5も同じぐらいになると仮定すると、ソフマップでのPS5初回在庫数はSwitchのシェア率から考えて32万×0.0006=約192台と予想できます。

上記の計算では過去のSwitchの例から170台と仮定しましたが、この計算結果と照らし合わせてみても実際に確保される在庫数に割と近いのではないかと思います。

仮に10-20倍程度になると予想しても、他のショップの当選倍率50倍~100倍といった数字を見るとソフマップは比較的当選しやすいといえるのでは無いかと思います。

ソフマップでのPS5予約の権利を持っている人は、ぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。