【エクエル】作用や効果について解説。口コミ・評判も紹介!

エクエル

オンラインショップで健康食品上位にランクインするなど話題の「エクエル」。
最近ではドラッグストアなどでも気軽に購入できるようになりました。

そもそもエクエルって何?
どんな効果があるの?
何かの薬なの?

など、名前はよく見かけるけどどんな効果があるか知らない…という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、【エクエル】作用や効果について解説。口コミ・評判も紹介!と題して、薬剤師として仕事している私がエクエルの作用や効果について分かりやすく解説していきたいと思います。

参考URL  :https://www.otsuka.co.jp/nutraceutical/products/equelle/ (大塚製薬)

エクエルの作用

エクエルは大塚製薬から販売されている、女性ホルモンに代わる成分が含まれた健康食品です。薬ではありません。

エクエルを摂取することで、更年期障害などホルモンバランスの乱れによる様々な症状が改善されるといわれています。

 

そもそも更年期障害って?

女性は年齢を重ねるとエストロゲン、いわゆる女性ホルモンの分泌が低下してきます。

脳がエストロゲンを出すように命令しても、卵巣の機能が低下してるので十分な量のエストロゲンを分泌することができません。
その結果脳からの命令が過剰となり、自律神経が乱れて異常な発汗やイライラ、めまい、身体がだるいなどの困った症状が現れてしまいます。

エストロゲンには

・女性らしい身体をつくる
・コレステロールや糖のバランスを保ったり、
・骨を丈夫に保つ
・お肌のハリ・ツヤをつくる

など、様々な働きがあります。
なのでエストロゲンが減るとシワなどお肌のトラブルや骨粗鬆症や動脈硬化、脂質異常症などといった病気の原因になってしまうのです。

個人差がありますが、通常女性は40歳を過ぎたあたりからエストロゲンの分泌が減少していき、更年期障害の症状に悩まされる方も増えてきます。

エクエル(エクオール)の作用機序

エクエルは大塚製薬様から販売されているエクオール含有食品です。

エストロゲンに類似した構造を持つ成分の一つに、「エクオール」があります。

エクオールは、エストロゲンが不足している状況ではエストロゲンの代わりとして作用します。(エストロゲン様作用)
逆にエストロゲンが多くなりすぎている状況では、エストロゲンの作用を抑えるように働くと言われています。(抗エストロゲン作用)

エストロゲンの作用が丁度よくなるように調節する、ということですね。

さらにアンドロゲン、いわゆる男性ホルモンの働きを抑える「抗アンドロゲン作用」や、老化や様々な病気の原因になる酸化を抑える「抗酸化作用」など、様々な作用があることが知られています。

エクオールは自力で作れない人もいる!

大豆製品を摂取すると、大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって代謝されることでエクオールが生成されます。

しかし、このエクオールを作る腸内細菌がどれぐらい存在するのかは人によってさまざまです。

日本人では約2人に1人がエクオールを自力で産生できません。(若い世代だとさらに減り、20~30%の人ぐらいしか産生できない)つまり体内にエクオール産生菌が存在しません。

自力でエクオールを産生できるか、自宅で検査できるキットも販売されています。

検査キットが届いたら、Webサイト上で検査依頼書を入力します。
採尿して検体を郵送すると、1~2週間後ぐらいに検査結果が届くので誰でも気軽に依頼できます。

詳しい使い方などについてはこちらをご覧ください。(大塚製薬HP)

エクエルの効果

エクエルの摂取により、以下のような様々な効果が認められています。

・ホルモンバランスの乱れによる肩こりやほてり・頭痛などの改善
・骨密度の改善
・シワ・たるみなどの改善
・糖代謝・脂質代謝の改善(糖尿病の指標となるHbA1cの低下や、脂質異常症の指標となるLDL(悪玉)コレステロール値の低下およびHDL(善玉)コレステロール値の上昇)
・動脈硬化の改善 etc…

エクエルはエクオールを自力で産生できない方はもちろん、産生できる方に対しても様々な効果が期待できます。

必要なエクオールを手軽に摂取できる!

それならエクオールがたくさん含まれる物を食べればいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、エクオールは自力で適正量摂取するのがなかなか難しいのです。

女性のエクオール摂取目安量は1日10mg。
エクエルは1日4粒で、1日に必要なエクオール10mgを直接摂取することが出来ます。

エクオール10mgを大豆製品で摂取する場合、納豆1パック・豆腐3分の2丁・豆乳200mlを毎日食べなければいけないそうで、あまり現実的とはいえません。

また、健康状態やストレスにより腸内細菌は毎日変化するため、エクオールを作れる人でもエクオールの産生量は変化しますし、急に作れなくなることもあります。

さらにエクオールは体内に留まらず毎日排出されてしまうので、作れる方でも毎日エクオールを摂取することが推奨されています。

エクエルの口コミ・評判

実際にエクエルを購入し、飲まれた方の口コミをまとめました。(楽天・Amazonレビューより一部抜粋)

更年期の揺らぎによる不調が体のあちこちに出た際(およそ1年前)から飲み始め、体調が良くなった。ホットフラッシュがほとんどなくなりました
更年期症状の関節痛に効くとのことで、服用し、痛みが減り、さらにその他の症状も緩和したように思います。
飲み始める前よりも体の調子が良いと母も気に入っております。

「飲み始める前より体調が良くなった!」「イライラや関節痛、ホットフラッシュが改善された!」という声が多くみられました。

一方で、こんな意見も。

様子見で一日2錠ずつ飲みました。数日で生理が始まりましたが、出血が止まらなくなり1週間後に大量出血が2日間続きました。血液検査でホルモンバランスを詳しく調べたところ、私に足りないのはエストロゲンではなく、プロゲストロンの方と判明しました。(中略)
女性ホルモン不足から来る不調と言っても人それぞれなので、症状があればまずは婦人科を受診し、エストロゲン不足が判明してからこちらを購入されることをおすすめします。

体調不良の原因が分からないまま服用すると、人によってはエストロゲン過剰による症状が出てしまう場合もあるそうです。

他にも「蕁麻疹ができた」「下痢をするようになってしまった」などという口コミもありました。
体質によっては合わないこともある様なので、何か気になる症状があれば先に婦人科を受診しておくと安心ですね。

まとめ

今回は【エクエル】作用や効果について解説。口コミ・評判も紹介!ということで、エクエルという健康食品についてまとめました。

エクエルは女性ホルモンに代わる成分「エクオール」が含まれた健康食品である
・エクオールはエストロゲンの代わりとして働き、更年期障害などホルモンバランスの乱れによる体調不良を改善する
・エクオールは体内で自力で作れない
人も多く、食物から毎日適正量摂取するのも難しい
・症状が改善したという口コミが多いが、人によっては合わないことも。不安な人は先に婦人科を受診するのがお勧め

ホルモンバランスによる体調の変化は、女性にとっては避けられないもの。
時にはいつも頑張ってくれている自分の身体と向き合い、大切にいたわってあげてください。