ディズニーリゾートの袋が有料化。デザインや価格、大きさは?

東京ディズニーリゾートは9月7日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの店舗などで無料提供している買い物袋を、10月1日から有料化することを発表しました。

スーパーやコンビニ、有名なチェーン店など次々と袋が有料化されていますが、ついにここまで来たという感じですね。

ディズニーリゾートの袋が有料化するとなると、その価格や大きさ、デザインは気になるところですよね。

今回の記事では「ディズニーリゾートの袋が有料化。デザインや価格、大きさは?」と題して、東京ディズニーリゾートやその関連店舗で使用される予定の有料買い物袋について調べてみました。

ディズニーリゾートの袋が有料化。デザインや価格について

東京ディズニーリゾートの買い物袋有料化に伴い、デザインも一新されます。

上が2019年9月より使われていたデザイン、下が新しいデザインです。
サイズは従来の3種類から2種類となり、価格は一律20円。

また前者のデザインに変更された時から、これまで季節のイベントなどに合わせた期間限定デザインが廃止され通年共通のデザインに統一されました。
おそらく今回も、期間限定の特別デザインなどはなく画像のもので統一されるでしょう。

ちなみに2019年のデザイン変更と同じタイミングで、小袋の有料販売が開始されています。(5枚で300円)こちらのデザインに関してはまだ不明ですが、販売自体は継続されると思われます。

ディズニーリゾートの有料袋の大きさはどれぐらい?

有料となる買い物袋は、サイズは2種類で大きさは

小:高さ460mm×幅290mm
大:高さ570mm×幅530mm×マチ90mm

です。

小さい方の袋は、ポリ袋でいう関東30号(480×260×70mm)に近く、これは2Lのペットボトルを3本入れられる大きさと言われています。

ただ、マチが無いので実際はもう少し小さく感じるでしょう。2Lのペットボトルが2本入る程度でしょうか。
大きめのサイズのお土産を複数個買った場合は厳しいかもしれません。

一方で大きい方の袋は、関東60号(600×350×75mm)より高さはやや低いものの幅・マチはそれを超えるサイズです。これは2リットルのペットボトルが6本入れられる大きさと言われています。

たくさん入る分大きいので、園内で持ち歩く分には若干邪魔になってしまう可能性も?

参考 : オリジナルポリ袋Web レレカ

まとめ:みんなの意見

今回の記事では「ディズニーリゾートの袋が有料化。デザインや価格、大きさは?」ということで、10月より東京ディズニーリゾートで使用される有料買い物袋について調べてみました。

・サイズは2種類になり、価格は20円で統一。絵柄は同じ
・期間限定デザイン(イベントデザイン)は無いと思われる
・小さい袋でも2Lのペットボトルが2本入るぐらいの大きさか
・大きい袋は2Lのペットボトル6本分より大きい
出費を抑えることだけを考えるのであれば、価格も同じなので大きい袋を購入した方が得だと言えるでしょう。

ちなみにディズニーの買い物袋有料化に対して、Twitterでは


 など、様々な意見が出ています。

これまで無料で提供されていただけあって、今回の有料化は残念に思う方もいるかもしれませんが、時代の流れによるものなので仕方ない部分もありますね。

お買い物袋の有料化に先駆け、2020年7月よりオリジナルエコバッグも販売開始されています。(参考:https://ure.pia.co.jp/articles/-/768348
エコバックをまだ持っていない方は、これをきっかけに購入されてはいかがでしょうか?