【2020年台風10号】関西地方の雨量は?氾濫の可能性はあるのか

2020年9月6日現在、2020年台風10号は中心気圧920hPa・最大瞬間風速50m/sと非常に強い勢力を保ったまま奄美大島の南東を進んでいます。

そして過去最大級の雨量や暴風による甚大な被害が出る可能性があることが伝えられました。

気象庁は5日夜に緊急の記者会見を開き「これまで経験したことがないような暴風や波浪、高潮、記録的な大雨となる恐れもある」として、6日午前中にも鹿児島県に特別警報を発表する可能性があると明らかにした。(引用元:@niftyニュース)

九州地方だけではなく、中国・四国地方や関西地方にも大きな影響がある可能性が出てきています。

今回は【2020年台風10号】関西地方の雨量は?氾濫の可能性はあるのか ということで、関西地方をはじめとした西日本エリアの雨量・それによる河川の氾濫の可能性などについて調べてみました。

【2020年台風10号】関西地方の雨量予想

台風の北上に伴い、9月6日は近畿地方に南東から暖かく湿った空気が流れ込むため、紀伊半島南東側を中心に雨が降る見込みです。
6日18時まで、近畿南部で多い所では120ミリの雨量が予想されています。

また西日本だけではなく、東日本の太平洋側でも断続的に雨雲が流れ込み一時的に激しい雷雨になる可能性も。

そして7日は南から湿った空気が流れ込むため、近畿中部や南部を中心に広い範囲で雨が降る見込みです。

9月6日~8日にかけて大気の状態が非常に不安定な状態が続くため、九州地方だけではなく中国・四国地方や関西でも強い雨風に油断できません。

【2020年台風10号】関西地方の河川氾濫の可能性はあるのか

近畿地方でも南部で最大400ミリ、中部でも100-200ミリの雨量が予想されています。

気象庁は「大きな河川でも氾濫危険性が高まっている」と報じており、九州以外の地域でも油断できない状況です。

どれぐらいの雨量で河川氾濫の危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えるのか、過去の雨と水位のデータをもとに調べた結果があります。


河川によって異なってきますが、九州地方の一級河川では24時間の雨量が200ミリ~300ミリを超えると河川氾濫の危険性が高まってくることが分かります。

九州地方だけではなく、四国中国・近畿・東海地方でも多い所では雨量200ミリを超えると予想されています。
ということは、河川氾濫の危険性が高まる雨量に迫る可能性も十分にありえるという事です。

さらに紀伊半島付近など、台風が接近する地域においては高波・高潮による被害が出る可能性もあります。海岸付近には絶対に近寄らないように。

たとえ台風の進路上に位置しない地域であっても、土砂災害・低い土地の浸水・河川の増水や氾濫などに厳重警戒する必要があるといえるでしょう。

まとめ 四国・中国地方や関西でも厳重警戒を


今までに発表された情報から、今回の2020年台風10号は九州地方だけではなく、四国・中国地方や関西・東海とかなりの広範囲で被害をもたらす可能性があるといえます。

太平洋側などは特に予想雨量が多く、河川氾濫や浸水・高潮などによる被害が出る危険性も否定できません。

該当地域の方は明るい時間のうちに早めの対策・避難を心がけてください。