コロナで将来が不安。スキルアップのため何を勉強するべきなのか

コロナ禍で、次々と出てくる解雇や倒産などのニュース…
「次は自分の番かもしれない」と、この先の人生や将来に漠然とした不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。

とはいっても何を勉強するべきなのか、どんなスキルを身につければ将来役に立つのか、分からない方もたくさんいらっしゃると思います。

今回は自分はいったい何を学ぶべきなのか、その考え方や選び方などについてまとめてみました。
「コロナで将来や家族が不安」「スキルアップのため何を勉強するべきなのか悩んでいる」そんな方への参考になればと思います。

コロナで将来が不安

「新型コロナウイルスの影響で給与に影響はでましたか?」と質問したところ、31.9%が「下がった」と回答しました。(中略)
「新型コロナウイルスの影響を受けて今後の給与に変化があると思いますか?」という問いに対し、62.1%が「思う」と回答しています。 また、「新型コロナウイルスで今後の生活に不安を感じますか?」と質問したところ「感じる」と回答した人が83.3%で、大半の人が今後の生活に不安を感じているようです。(Yahoo!ニュース記事より引用)

この記事からも読み取れる通り
コロナの影響により多くの人が給与ダウン、自分の将来や家族などに対して不安を抱えている方が増えています。

そしてその不安を払拭するためにも、「何かしらのスキルを身に着けたい」と考えている人も増えています。そのスキルを生かし、副業などで収入アップに繋げることができれば嬉しいですよね。

では具体的に、自分に合ったスキルは何なのか?将来のためには何を学ぶべきなのか?
次からの項目ではそれについてお話したいと思います。

スキルアップのために何を勉強するべき?

大人の勉強は好き・楽しいと感じることでないと続かない

いくら需要があって、将来的に役立つであろうスキルであっても、自分の興味のない分野だとおそらく長続きしないのではないのでしょうか。
子どもの時勉強したこととは違い、「義務」ではないですしね。

大人の学びは他人にとやかく言われるものではありません。「苦しい」と感じてまで、貴重な時間を費やして勉強する必要はないでしょう

仮に興味の無い分野の何かしらの資格が取れたとして、そのこと自体は自信に繋がるかもしれません。
ただ、仕事にするとなると、さらにその分野の事を勉強する必要が出てきます。

誰かに強制されているわけでもないのに、苦しみながら勉強するのはむしろ時間の無駄なのでは?と個人的には思います。

まずは「自分がやりたい」ことを見つけましょう。

資格にとらわれない

これまで仕事をこなしたり、普段の生活を過ごしていくなかで「やりがい」を見つけたことは誰にでもあるのではないでしょうか。

接客でお客様に感謝されたり、営業の仕事で新規顧客を獲得したり、自分で計画を立てて実行したり…など。その中にヒントが隠されているかもしれません。

「自分がどんな仕事をしたいか」と考えることで、本当にそのスキルや資格が自分にとって必要なものなのか見直すきっかけになります。

資格やスキルは確かに持ってて損はないですが、ただ漠然と「何らかの資格をとらないといけない」と考えるのは、自分を呪縛してしまう事になりかねません。

興味を持ったらとりあえずやってみる

旅行先でその国の語学に興味を持ったり、偶然見たテレビで紹介されていた仕事に興味を持ったり…ということもあるかもしれません。

何かに興味をもったら、「とりあえずやってみる」のが一番大切だと思います。
それで何か違うと思ったら、他のことを試せばいいのです。

実際に私も、これまで様々な副業に手を出したり、グラフィックの専門学校に通ったりしている時期もありましたが、どれも長続きしませんでした。
試した中で唯一、イラスト制作だけが自分に合っていて今年で4年目になりました。今は副業としてもイラストを描いています。

そもそも何が自分に合うのかというのは、やってみないと分からないことです。気軽に始めたことが、思いがけず人生を変えるきっかけにもなったりします。

今の時代に生かせる勉強、資格・スキルとは

将来のために資格やスキルを取るのであれば、そのスキルが本当に需要があるのか・将来性があるのか調べることが大切です。
「将来必ず役で立つであろう」スキルについてまとめてみました。(参考:BrushUP学び )

語学 英語はもちろん、他の語学も日常会話以上にレベルを上げることでキャリアの幅が広がる
IT,Webスキル 市場拡大と人手不足で需要が増大。フリーランスや在宅など様々な働き方がある
介護・保育系資格 超高齢化や待機児童問題などで需要が拡大してる一方、人手は不足している
ヒューマンスキル コミュニケーション力はどんな職場でも重要視される
登録販売者 誰でも受験可能な医療系国家資格。OTC(一般用医薬品)の需要が高まるに伴い、ドラッグストアなどの店舗数も増えている

他にも将来に役立つ資格・スキルはたくさんあるので、興味を持ったものはぜひご自身で調べてみてください。

まとめ

今回の記事ではコロナで将来が不安、スキルアップのため何を勉強するべきなのか分からないといった方へ、考え方や選び方について書きました。
各項目のポイントについてまとめてみます。

・資格やスキルはひとまず置いといて「自分のやりたいこと」は何かを考える。
・興味を持ったことはとりあえず試してみる
・自分の取ろうとしている資格やスキルの需要について調べてみる

コロナによる将来の不安を払拭するためにも、まずは恐れずに一歩踏み出してみるのが大切だと思います。

これから何かしらのスキルを身につけたい、資格を取りたいと考えている方の参考になれば幸いです。