【イラスト】デジタルとアナログの違いと特徴。どっちをやるべき?

絵を描いてみたい!でもデジタルとアナログ、どっちから始めた方がいいんだろう?
それぞれのメリットとデメリットは?
今までアナログしか描いた事なかったけど、デジタルでも描いてみたい!

絵を描いたことが無い初心者の方はもちろん、どちらかで描き続けていた経験者の方もそのように思ったことはあるのではないでしょうか。

今回の記事では自分の例や意見を踏まえつつ、デジタルイラストとアナログイラストの違いやメリット・デメリットについてまとめてみました。
参考になれば幸いです。

 

デジタルイラストの特徴

PCやタブレット、スマホなどの電子媒体を使ってイラストを描きます。アナログでいうペンの代わりにペンタブを使用するのが一般的ですが、マウスで描いている方も。

デジタルで絵を描くメリット

・修正が簡単
アナログだと下書きから清書した後は基本的に修正できませんが、デジタルであれば後で変形したり、色合いの調節なども可能です。

体のみ修正
色合いの調整

 

・素材や機能が利用できる
Photoshopやクリップスタジオペイントなどのペイントソフトでは、無料で使えるブラシや背景などの素材がたくさん配布されており、それらを使って自分の作品を描くことが出来ます。

初心者の方でもこんな感じの雲や葉っぱなどが簡単に描けます。

 

・画材などの道具が不要
アナログだと例えば紙やペン、絵の具などの画材を一から揃える必要があり保管場所なども考える必要がありますが、デジタルはパソコンやタブレット一つあれば気軽に描くことが出来ます。

・完成品の提出、投稿などが容易
現在は仕事などでイラストのやり取りをする際、pngなどの形式でデータを送る場合がほとんどです。SNSなどに投稿する際も気軽にファイルをドロップするだけで完結します。

デジタルで絵を描くデメリット

・アナログ独特の質感は出せない
水彩風や色鉛筆風などに描く事はできますが、あくまでも「~風」なので本物の画材で描いたアナログの質感には及びません。

・機材の価格が高い
デジタルイラストを描くとなると、PCやタブレットなどの媒体が必要になります。既に持っている物を使う場合は問題ありませんが、一から揃えるとなるとそれだけ費用がかさんできます。

ペンの代わりになるペンタブは値段がピンキリで、1万円未満のものから高いものは10万円を超えることも。

・一瞬でデータが消える
急にPCが落ちて保存してなかったら、一瞬で今までの苦労が水の泡に…保存はこまめに!
USBなどの記録媒体の紛失・故障といったリスクもあるので、バックアップは必ず取っておきましょう。

アナログイラストの特徴

ペンや色鉛筆、画用紙などといった様々な画材を使いイラストを描きます。

アナログで絵を描くメリット

・アナログ独特の質感を出せる
独特の質感を出せるのがアナログ最大の魅力です。

私はアナログで本格的に絵を描いた事はまだありませんが、美術館などで画材を使った本物の絵を見ると「やっぱりデジタルとは違うなあ…」と感動しますね。
やっぱり生きた画材と人の手で表現する絵というのは、機械では決して再現できないものだと感じました。

・画材の一つ一つの値段は安く、種類も豊富にある
色鉛筆や絵の具、ペンといった道具のセットなどは数千円ほどで購入できます。それぞれの画材にはたくさんの種類があり、それを集めるのも楽しみの一つです。

絵の具やペン、色鉛筆や用紙までたくさんの種類があります

 

・道具が壊れてもすぐに代えが効く
デジタルだと例えばパソコンが壊れてしまった場合、修理費や他の媒体に乗り換えるために莫大な費用がかかる可能性も。アナログだと気軽に代わりの画材を購入できます。

アナログで絵を描くデメリット

・描いた後の修正が困難
上でも書きましたが、下書き後清書した後は基本的に修正できません。

・画材が増えてくると置き場所に困るかも
デジタルと違い画材は数が増えてくるとその分場所も取るようになるので、保管場所なども考える必要が出てきます。片付けの事も考えないといけません。

・同じ絵は描けない(複製できない)
似せて描くことはできますが、デジタルと違い完璧に同じ絵を再現することは不可能です。

デジタルかアナログどっちをやるべき?

ここまでしてきた話を踏まえて、結局デジタルとアナログどっちがいいの?という問いについて、

どちらでも自分の好きな方をやりましょう。

というのが私の答えです。

今まで全く絵を描いた事がない初心者の方はもちろん、デジタルアナログどちらかしかやったことがなくて別の方もやってみたいという方にも同じことが言えるでしょう。
それぞれのメリット・デメリットを理解した上、予算などとも相談して決めて頂ければいいと思います。

私はこのように考えて選びました

私の場合はイラスト経験(デジタルもアナログも)ほぼ0の状態だったので、
「将来は絵の仕事もやってみたいし、どうせデジタル形式で提出する必要があるなら初めからデジタルで慣れておこう」という軽い考えで始めました。

もし途中でアナログに切り替えることになったとしても、デジタルで得た絵の技法は生かせるのであまり深くは考えていないですね。
もちろんアナログ独特の画材の使い方や描き方などは覚える必要はありますが、それもデジタルの時に学んだ時と同じように、描きながら徐々に慣れていけばいいかなと思っています。

デジタルでもアナログでも、頑張って練習を重ねれば必ず上達できます。

「デジタルだから偉い」「アナログだから偉い」というようなことは一切無いので安心してください。それぞれの魅力があります。

どちらの媒体で描くにしても、「絵を通じて自分を表現できる」ことは変わりないですしね。
デジタルアナログどちらで描くにせよ、自分や他人にとって魅力的な作品が描けるように頑張りたいです!