在宅イラストレーターの体調管理。私はこれらの事を気をつけています

イラストレーターという職種に限ったことではありませんが、在宅で仕事をする人にとって大きな課題になるのが「体調管理」です。

通常会社に勤めている方であれば出勤のために自然と早起きし、決まった時間に寝る…という生活スタイルになるかと思いますが、在宅で仕事をするとなると生活も不規則になりがちです。

私は本業ではなく副業でイラストの仕事をしているとはいえ、本業が休みの日(週3-4回)はほぼ家に居て絵の仕事などをしているため生活リズムが乱れがちで体調が良くない日も多くありました。

そこで自身の生活を見直し、体調管理に気をつけることで頻繁に体調を崩したり、在宅での仕事や作業が出来なくなるということは少なくなりました。

今回は在宅で仕事をする際、私が体調維持のために気を付けている事などについて書いていきたいと思います。
同じく在宅ワークをされている方や副業でイラストを描いている方への参考になれば幸いです。

在宅ワークでの体調管理の大切さ

「体は資本」という言葉があるように、体調が悪いと作業がままならない・あるいは全くできないという状態になってしまいます。
これは会社勤めでも在宅勤務でも同じことが言えます。

特に個人で在宅で行う仕事だと、スケジュールを管理してくれる人もいないし自分の代わりに仕事してくれる人も当然いません。

だからこそ、普段から体調を崩さないように気をつけることがより大切になってくるのです。

副業でイラストを描いている場合でも、納期やクオリティは当然ながら守る必要があります。「体調を崩しているから…」などという言い訳はできません。

実際に私も依頼を受注した時期に体調を崩し、さらに本業の方も忙しかったためかなり身体的に大変だった時がありました。

今後このような事がないように、自分の体調は自分で管理するしかないと、今では健康に関して色々と気をつけるようにしています。

体調管理のために私が気をつけていること

きちんと寝る(早寝早起きをする)

よく「早寝早起きをすると効率性が上がる」などと言われていますよね。しかしこれに関しては、一概にそうとは言えないそうです。

国際的な学術雑誌「Nature Communications」によると、朝型と夜型の違いは、その人の得手不得手ではなく、遺伝子によって決まるそうです。(中略)

朝は健康的で、夜は不規則とイメージしがちですが、必ずしもそうとは言えず、どちらにもメリットやデメリットがあります。(https://www.francebed.co.jp/umoureform/faq/sleep/morningnight.html より引用)

なので夜型の人でも、きちんと眠れていて作業に影響を与えないのであれば特に問題はないかと思います。

私の場合は朝方になるために早寝早起きをするようになったというよりは、きちんと夜寝るために朝早く起きるようになりました。

それまでは休みの日は昼近くまで寝たり、外で仕事がある日でも始業時間が遅いというのもあって毎日起きるのは遅めでした。

でもそんな生活を続けていたら、今度は夜中3~4時ぐらいまで全く寝付けない身体になってしまい、いくら起きるのが遅くても結果的に睡眠時間はかなり短くなってしまっていました。
それが体調を崩す大きな原因になっていたのではと思います。

そこで休みの日でも早めに起きるようにし、仕事の日は出勤までの時間を有効に使おうと作業時間に充てるようにしました。
すると0時を過ぎるころには自然と眠くなり、以前のように極端に睡眠時間が短くなるという事はなくなりました。

結果的に私にとって早寝早起きは体調管理のためだけではなく、家事や他の作業の効率を上げることにも繋がったので良かったです。

適度に運動をする

適度な運動も体調管理には大切だとよく聞きますよね。

とはいえ、時間やお金の都合上、毎日ジムに通ったり…というのは多くの人にとって難しいのではと思います。

私自身もジムには通っておらず、普段は立ち仕事をしているとはいえ、休みの日は用事がある時以外ほとんど外に出ないため運動不足はかなり感じていました。

根本的な解決になっているかは分かりませんが、私の場合

・外ではできるだけ階段を使う、早めに歩くようにする
・朝時間がある時は散歩する
・家の中でも気が向いたときはストレッチやラジオ体操など、できる運動はしてみる

こんなことを実践しています。
実際に散歩するなど意識して運動した日は、自然とよく眠れるので体調を良くすることに繋がっていると感じます。

また、作業の合間に少し体を動かすこと自体が良いリフレッシュとなるので、出来ることを少しずつからでもやってみることをお勧めします。

食事はきちんとバランスよく摂る

仕事や趣味など、何かに集中している時は食事を抜いたりしがちではないのでしょうか。
特にイラストなど制作系の仕事の場合、納期の都合で食事の時間さえ惜しいという事もあります。

でも食事を抜くことを繰り返す・もしくは偏った食事ばかりしていると、私の場合確実に体調は悪くなってきます。

体質の問題なのか、体重が減りすぎると明らかにしんどくなってしまうのです…

やはりバランスの取れた食事を摂ることが大切だと思います。
3食ともきちんとするのが難しいのであれば、せめて夜は野菜中心に食べるという事などは意識しています。

納品までの計画を立てる

どの仕事にも言えることだと思いますが、納期までの時間を逆算し、きちんと計画を立てて作業を進めることが大切です。

納期に間に合わない!となると上で述べた睡眠や食事などがままならなくなり、体調が悪くなって余計に余裕が無くなる…ということになりかねません。

特に副業で絵の仕事をされている方は本業との兼ね合いもありますので、できるだけ時間に余裕を持たせて作業を進めるようにしましょう。

私の場合、依頼を受けた際は「○日までにはラフを提出します」「○日までには清書を提出します」という内容を依頼者に伝えるようにしています。これは勿論、本業の状況などを踏まえて余裕を持って提示します。
そうすることで依頼して下さった方も安心できるし、自分自身も無理のない範囲できちんと作業を進めることが出来ます。

終わりに

この記事では少し視点を変えて、「イラストの仕事をするために重要な体調管理について」というテーマでお話してきました。

いずれも当たり前のように感じるかもしれませんが、実際にできている人というのは少ないと思います。

当たり前のことを実践することが、良い体調を維持することに繋がり、結果的にイラスト制作の効率も上げることが出来ると感じています。

特に在宅でイラストの仕事をしている方にとって、作品のクオリティを上げ納期を守るためにも、体調管理はかなり重要となってきます。
「体調が悪いから…」とせっかく提案された依頼を断ってしまう事になるのは非常に残念だし、もったいないです。

ぜひできることから少しずつ実践していきましょう!