プロのイラストを真似て学ぶ。効率よく自分のものにする方法とは?

プロの方が描くイラストは、その人が持つ素晴らしい技術がたくさん詰まっています。

“「学ぶ」は「真似ぶ」”という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
それはイラストでも同じで、上手い人の絵を真似て学ぶことが上達に繋がります。

私はイラストを3年以上描いていますが、実際にプロの方のイラストを真似て勉強した後が一番上達を感じました。

そうはいっても、何をどう真似ればいいの…

今回はそのような事でお悩みの方に

・なぜイラストを真似ることが上達に繋がるのか
・実際に私がどのように真似たのか

・そこから何をどう学べばいいのか

という事について解説していきたいと思います。

 


プロのイラストを真似て学ぶ意義とは

最初から「自分らしさ」を表現するのは難しい。
何かを学ぶときに、なんらかの取っ掛かりがあると学びやすい。
「自分らしさ」は、他の人との差異によって際立つ。
イラストにも同じ事が言えます。
最初から、そもそも何が上手い絵なのか分からない状態で、自分の絵を上手く描くというのは不可能です。

リード文でも述べたように、イラストにはその製作者が持つ技術がたくさん詰まっています。
絵の描き方が分からないのであれば、先駆者であるプロの方やあなたの憧れの絵描きさんからたくさん学ばせて頂きましょう。

それを吸収して自分のイラストに生かし、ブラッシュアップしていくことが上達の近道になります。

プロのイラストを効率よく自分のものにする方法

実際に私がやってみて効果を感じた、プロイラストを真似てその技術を学ぶ手順について具体的に解説していきます。

①自分が目標とするイラストを探す

まず、自分の目標とするイラストを見つけます。
pixivから探してもいいし、好きなイラストレーターの方がいるのであればその人の作品集から探しても良いでしょう。

絵柄の好みというのは本当に千差万別なので、自分が「描きたい!」と思うイラストを見つけましょう。
それを「お手本のイラスト」とします。

②お手本とするイラストをじっくり観察する

デジタルの場合はお手本とするイラストをズーム機能なども使いつつじっくり観察します。

【注意】お手本とする絵はあくまで「自分で学ぶために」活用させて頂いていることを忘れず、必ず個人の利用の範囲に留めてください!  二次利用・二次配布なども禁止されています。
この時に注意してほしいのが、「きちんとその絵を研究する」ということです。
眺めてるだけではダメです。きちんと隅々まで見て研究してください。

すると、例えば
・線画の強弱はどのようにつけているのか
・どのように陰影を入れているのか
・服のシワはどう描いているのか、服をどのようになびかせて見栄え良くしているのか
・小物の質感はどう表現しているのか
などなど、発見できることが沢山出てくるはずです。

色に関しても、スポイトツールを使い実際のカラーサークル上での色を確認しましょう。

その人がカラーサークル上のどれぐらいの範囲で彩度・明度を選択しているのか、おおよその傾向が見えてくるかと思います。それも自分の今後の色選びの参考にすると良いでしょう。

③実際にイラストを真似てみる

多くのペイントソフトには、メインキャンバスとは別に画像を開く事ができるウインドウ機能があります。(クリスタの場合サブビュー)
そこにお手本の画像を開き、メインキャンバスに自分の絵を描きます。

模写でも、その絵を参考にしたオリジナル絵でもいいです。
とにかく②で得た知識を自分のイラストに落とし込むことに専念しましょう。

その過程で、今までの自分のやり方と違う!と感じる部分がきっと出てくると思います。その時がチャンスです!

どうすればお手本のような絵にできるのか、忘れないようにしっかりメモしておきましょう。

④完成したら改めてお手本と見比べて、改善点を見つける

絵が完成したら、再度お手本の絵と比べてみましょう。
この作業は、出来れば完成後数日以上経った後にやることをお勧めします。

日にちを置く方が、より客観的に自分の絵を見ることが出来るからです。

描いてるうちはどれだけお手本を意識していても、完成させて改めて見るときっと違う部分があると思います。
それは何故なのか、どうすればお手本の絵に近づけられるか考えましょう。

それが分からない…という場合は、再度②に戻ってお手本となるイラストを研究してみましょう。

まとめ

①自分が目標とするイラストを探す
②お手本とするイラストをじっくり観察する。デジタルであればそのイラストを開いてズームやスポイトなども活用する
③お手本となるイラストを横に置きながら自分のイラストを描く
④完成したら改めてお手本と見比べて、改善点を見つける
上手い人のイラストから学ぶ際は、これらの手順とポイントを意識して進めていけば効率よく上達できると思います。
大切なのはお手本となるイラストをただ「眺める」のではなく、「きちんと見て研究する」ことです。
これを重ねていけば、学んだことを軸にしつつも、いずれは自分に最も合った描き方というのが見えてくると思います。
個性はここで出していきましょう。
最初は「個性を出す」ことはひとまず置いておいて、「先駆者から必要なことを学ぶ」ことが重要です。