イラストの練習方法。PDCAサイクルを回してどんどん上達しよう!

イラストは、とにかく枚数をこなせば上達すると思っていませんか?

確かに「枚数をこなせば上達する」ということ自体は間違いではありません。
いくら知識や技術を身に着けたところで、それをアウトプットしないことには意味が無いからです。

しかし、ただ闇雲に描くのではなく、きちんと考えて描くことが上達の為には大切です。
では、具体的に何を考えて描く必要があるのか?どのように練習すればいいのか?

今回の記事ではイラストを3年以上描いてきた自身の経験から効率のいい「PDCAサイクルを活用した練習方法」について解説していきたいと思います。

 


イラストの練習でもPDCAサイクルは役に立つ

「PDCAサイクル」という言葉をご存じでしょうか?
Plan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Act(行動・改善)という、業務プロセスなどを管理・改善する手法の一つです。

ビジネスでよく聞く言葉ですが、イラストの練習にも応用できます。
具体的にPDCAサイクルをどう回していくのか、以下の項目で説明していきたいと思います。

①具体的な目標を決める

すでに何枚か自分の作品を仕上げたことがある人なら、自分は何が苦手なのか、何が描けないか見えてくると思います。これを潰すことを目標にしましょう。
単純に「どんな絵を描いてみたいか」でもいいです。

出来ないことを潰していく」「自分の思い通りの絵が描けるようになる」=上達 だと思っています。

全く何も描いたことのない初心者の方は、細かい技術や知識は後回しにして「何を描いてみたいか」という目標を定めてとにかく描いてみましょう。

例えば私の場合は、キャラの髪を描くのが本当に苦手だったので、これを上手く描けるようになることを目標にしました。

②参考になる作品や技巧書を用意して描いてみる

目標が定まったら、参考にする作品を用意します。
好きな絵描きさんの作品でもいいです。「自分が目標としている絵」を選びましょう。

イラストの技巧書などを使っても構いません。例えば身体が上手く描けないという方は、その描き方について詳しく載っている本やWebページなどを探し、調べながら描いてください。

それらを参考にして自分の絵を描いていくのですが、正直かなりつらい作業だと思います。

髪が描くのが苦手だから上手い人の絵を見たり具体的な描き方について調べたりしながら描いていたのですが、本当に思い通りに描けませんでした。

お手本のように全然描けないとへこみます

 

とはいえ、いきなり長年やってきたプロの方のように描けないのは当然です。
思い通りにいかなくても落ち込まないで、とにかく自分の絵を完成させようとするのが大切です。

③お手本と自分の絵を比較して、どこが悪かったのかチェックする

実際に自分の絵とお手本にした絵を比べてみます。お手本と異なる部分がたくさんあるはずです。
”何が違うのか” ”どうすれば上手く描けるのか” “最初に設定した目標は自分の絵で達成できているか” など考えます。自分で自分の絵を添削する感じですね。

自分の絵とお手本の絵を比較することになるので、これもかなりつらい作業です。頑張りましょう。

④見つかった反省点を元に練習する

 

③でどこが悪かったのか見つかったら、それに絞って練習していきます。
身体が上手く描けないなら人体の構造を勉強してデッサンする、影が上手くつけられないならそれを解説した講座などを見て勉強する…などですね。

「何が描けないのかは分かったけど、それを解決する方法が分からない」という場合もあるかと思います。その場合は、プロの絵を模写するなりじっくり研究するなりしてみましょう。

髪のいい描き方が分からなかった私は、色んな方の講座をみたりお手本にしたイラストをじっくり見て学ばせて頂くことで、ようやく以前よりは上手く描けるようになりました。

とにかく自分に出来てないことを探して、それを潰していくのが大事です。

たくさん課題が見えてくることもあるかもしれませんが、一気にすべての技術を身に着ける必要はありません。少しずつ出来ることから潰していきましょう。

終わったらまた①に戻って、別の目標を定めて描いていきます。

練習方法にこだわらず楽しく描くのも大事

ここまでPDCAサイクルを活用した練習方法を紹介しましたが、それぞれの項目でも述べたようにつらい練習法だと思います。

自分とプロの絵を見比べて、「なんで自分はこんなに描けないんだろう…」と自己嫌悪に陥ってしまったり、絵を描くのが嫌になることもあるかもしれません。私も実際嫌になってしまった時期がありました。

ただ、効果はかなりあると感じたので諸刃の剣みたいなものですね。

ずっとこの練習をしているとストレスだけが溜まっていくかもしれないので、たまには自分の絵を好きなように描くのも全然ありだと思います。

それで「いつの間にかこんなに描けるようになったんだ」と思う事ができれば、それは紛れもなく努力した成果。自分で自分を褒めてあげましょう。

私自身は、まず「絵を楽しむ」ことを大切にしていきたいなと思います。
それで自分の思い通りに描くことができるようになったら、絵を描くのがもっと楽しくなると思うのです。

まだまだ課題は山積みではありますが、適度にPDCAサイクルをこなしつつ自分の描きたい絵も楽しく自由に描いていきたいなと思っています。
一緒に頑張りましょう!